中川晃教 Musical Week 2024 w/ 堂珍嘉邦 八ヶ岳高原音楽堂 2024.7.1 Mon.

八ヶ岳高原音楽堂でのコンサート、
~中川晃教 Musical Week 2024 with 堂珍嘉邦~ に参加。

by 税理士 平林夕佳


 

ミュージカルで活躍する中川晃教さんと堂珍嘉邦さん

4月上旬に堂珍嘉邦さんのXアカウントで
「八ヶ岳高原音楽堂にてコンサート開催」
の告知がありチケットを購入しました。

ところで、共演の「中川晃教さん
って誰だろう?」と、
まずは中川晃教さんをWikipediaで検索。

音楽や芸術関連に興味が無い家庭で
育ったせいか、芸能界で活躍する人を
ほとんど知らないのです。

中川晃教さんをWikipediaで見たところ
小学生の頃から作曲をされていたようで、
生まれながらのミュージシャンのようでした。

CHEMISTRYと堂珍嘉邦さんの
コンサートへは何回か参加したことが
あり、その歌声に感動して
ライブに引き込んだ友人も「すごい!」
と感動するほどの歌唱力。

2人のコンサートなら野辺山までの
遠い道のりも苦ではないと信じて
チケットを確保しました。

さて、八ヶ岳高原音楽堂は長野県にあり
JR小海線の野辺山駅が最寄り駅です。

Google Map 引用。

 

↑野辺山駅。標高1345.67mと記載された看板が立てかけられています。

 

JR野辺山駅から車で15分。
無料送迎バスを利用する場合
八ヶ岳高原ロッジにて、
事前に予約する必要があります。

八ヶ岳高原音楽堂まで徒歩で散策して欲しい

八ヶ岳高原音楽堂へは、
八ヶ岳高原ロッジから
無料のバスが出ています。
ロッジから音楽堂までバスで約5分。

しかし、自然を満喫するため
歩くことにしました。
徒歩だと遊歩道をとおるので、
何か発見があるかもしれません。

↑遊歩道に入ってすぐ、
陶芸工房の案内がありました。
八ヶ岳高原ロッジで予約できます。

 

↑陶芸工房の建物。

 

↑小川が流れていました。
暑い夏に涼をもたらします。

 

↑途中、道しるべがあります。

 

↑八ヶ岳高原音楽堂の上に「八ヶ岳高原ヒュッテ」がありました。

 

ところどころ、地図と現在地を記した立て看板があります。

 

↑八ヶ岳高原ヒュッテ。
ドラマ「高原へいらっしゃい」
の撮影で使われたようです。
宿泊はできません。

誰でも自由に見学できます。
八ヶ岳高原ヒュッテの中に
ティールーム「タンネ」があります。
あまり知られていないせいか、
ティールームは利用客が少なく、
コンサート開場待ちでの利用がお勧め。

 

八ヶ岳高原ヒュッテ周辺は、
スマホが圏外でした。
ドコモでも電波が弱いようです。

音楽堂も同様に圏外でした。

中川晃教 Musical Week 2024 with 堂珍嘉邦 八ヶ岳高原音楽堂コンサート会場へ

高原ヒュッテを見学した後、音楽堂へ移動。

↑八ヶ岳高原音楽堂。

↑クロークがありました。

 

↑座席は当日、くじを引いて決まります。

チケットを1度に購入した枚数により
くじのカテゴリーが分かれているので
グループで離れた席になることはありません。

↑コンサート会場、後方から撮影した写真。

 

↑ガラス張りの天井。
客席が明るく照らされるため、

「いつもの会場と違って、観客の顔が良く見えるから恥ずかしくなっちゃう(緊張する?)」と、堂珍さんが言ってました。

 

この日の席は「M9」。
しもてブロックだったので残念。

M9の座席から見たステージ。
視力の良い人なら、オペラグラス無くても出演者がよく見えます。

ステージのしもて側の扉から
出演者が入退場してました。
堂珍嘉邦さんの退場時、姿が見えなく
なる直前、客席に向かってお手振り。

後方席の観客に向かって
手を振ったように見えましたが、
見方によっては下手ブロックの
観客に手を振っている
ようにも見えました(笑)。

今回、端の席でガッカリでしたが、
しもて席の14人はそれぞれ
「私に手を振ってくれた」と
勘違いできる席でもあり、
良席だったかもしれないです。

中川晃教 Musical Week 2024 with 堂珍嘉邦 演奏曲と衣装

セットリスト

堂珍嘉邦さんのソロの
コンサートに行ってなかったら
全曲知らない曲でした。

ミュージカルで歌われる曲を
中心に組んだようです。

7.僕こそ音楽は堂珍嘉邦さんの
コンサートで聞いたことがあります。
ミュージカル「モーツァルト」で
歌われる曲のようでした。

中川晃教さんと堂珍嘉邦さんが
デュエットで歌う「僕こそ音楽」
とても良かったです。

そして、中川晃教さんの歌を
今回初めて聞きましたが
中川晃教さんの歌声が素晴らし
かったので、中川晃教さんのコンサート
(ミュージカル?)にも
行ってみたくなりました。

堂珍嘉邦さんはCHEMISTRYでは
高音担当のようですが、
私は堂珍嘉邦さんの低音がお勧めです。

【当日の衣装】

(堂珍嘉邦 Instagram 2024.7.3投稿)

 

ピアノの園田涼さんのX(旧Twitter)。
音楽堂で演奏した感覚が伝わります。

 

中川晃教 Musical Week 2024 with 堂珍嘉邦 開演前ハプニングとMC

この日は、開演前にハプニングがありました。

開演を知らせるブザーが鳴り、
観客席が静まりかえって
緊張感が漂っている時のこと。

舞台裏でマイクがONになっていたようで、
出演者の話し声や音が客席に聞こえていました。

しかし、気になる音ではなかった為
そのまま静かに待ちましたが
突然、堂珍さんの「ハッハッハー」
と大笑いしている声が会場に響き、観客席が大爆笑。

この日の一番の笑いは、MCではなくこの時でした。

★ライブ中のMCで覚えているやりとり。

①いつものコンサート会場と違い、
観客の顔がよく見えて恥ずかしくなっちゃう。

②鹿、見ましたか?鹿がいるんです。

③八ヶ岳高原音楽堂は自然が豊かで
「ちのり」を生かした素敵な会場。
と堂珍嘉邦さんが言ったら
中川晃教さんが血糊と聞き違えて
ビックリしていた。
「地の利」でした。

④堂珍嘉邦さんの衣装。
ガラス越しに緑が見えるから
ふんわりとしたカーテンをイメージした。

⑤9月に神戸で開催する
Brand New Musical Concert。
このコンサートに中川晃教さんと
堂珍嘉邦さんが出演するけど、
藤岡正明さんもご出演します。

ASAYANのオーディションで
堂珍嘉邦さんと最終選考まで
一緒に残ったのが藤岡正明さんです。

MCで藤岡正明さんの名前は
出しておりませんでしたが、
話の流れで藤岡さんかなと
皆さん気付きました。

藤岡さんは堂珍さんの弟みたいなもので、
夜中の変な時間に電話が掛かってくると話してました。

堂珍さんにとって中川さんは親戚みたい、
とおっしゃっていて、
「親戚、弟より遠い」と少しガッカリしてました。

八ヶ岳高原音楽堂でコンサートを開催する意味はたくさんある

八ヶ岳高原音楽堂は
東京から日帰りできます。
しかし、移動時間がかかるので、
やはり遠いと感じてしまいます。

ですが、八ヶ岳高原音楽堂は、
豊かな自然に恵まれた立地のため
都市部にあるコンサート会場では
味わえない良さがありました。

それは、高原ロッジから音楽堂までの散策です。
森の中は樹木が発するマイナスイオンで
ヒーリング効果があると言われています。

音楽を聞く前にマイナスイオンを浴び、
この上ないリラックス効果が
あったと思います。

そして散策で川の流れる音や鳥の鳴き声。

さらに、自然に生息する動物。
八ヶ岳高原ロッジに戻るバスの車窓から、
自然に生息する鹿を5~6匹見かけました。

これらのことから、東京では味わえない体験ができたので
今度は宿泊して八ヶ岳高原音楽堂に行こうと思いました。

【関連YouTube】
【中川晃教 × 堂珍嘉邦】中川晃教 Musical week 2024 with 堂珍嘉邦 2024.7.1。

平林夕佳税理士事務所
税理士 平林夕佳

相続など資産税中心にご依頼を受けてます。
Youtubeにて相続や税金を発信する傍ら、
日常を動画にした「たび」アカウントも更新中。

Follow me!