税理士はお金儲けができないとだめ

税理士 平林夕佳

これからビジネスを始めようとする人や、お金持ちの相談相手になるのが税理士。
税理士は自分がお金儲けできないと、相談相手になれなません。

 

赤坂にあるスーパー、吉池。刺身の脇役、わさびが有名です。

 

税理士は、自分が経営者でありお金持ちにならないとだめ

税理士を目指したきっかけは、暗算が得意で数字を見ることに抵抗が無いからということと、人と関わる仕事がしたいということで税理士を目指しました。

資格の予備校ではまさに試験に合格する勉強と、申告書の作成に必要な知識を勉強します。

しかし、昼間に働いている事務所では申告書の作成や税法の相談のことよりも、経営者から会社のことを相談されたり、資産家の方からは資産の活用方法や相続対策を相談されました。

経営者が相談したいことは、売上を上げるにはどうしたらいいのかといった経営のアドバイスというよりも、

何か行動を起こす時の時期や判断を人に話すことによって、確認をしているようです。

時期や判断は、自分が経営者やお金持ちでないと、絶対にアドバイスできません。相談相手になるには、その方と同じ立場でないと相談相手になれないのです。

自分が経営者や資産家だったら、どんな税理士に相談したいか

自分が経営者や資産家だったらどんな税理士に相談したいか、事務所の経営がうまく行っていない税理士に相談したいと思いますか?

自分がこれから商売を発展させたいと思っているときに、経営がうまくいっていない人に相談したいとは思わないでしょう。そういう理由で、独立開業している税理士として、税理士も自分の事務所を発展させていかないと、顧問先の経営者の気持ちに寄り添うことができないと思っています。

例えば、投資について情報を得たいときは投資で儲かっている人から話を聞きたいと思います。それと同じで、経営者が相談したいと思う相手は、経営がうまくいっている税理士になるのです。

税理士、特に開業税理士は事務所の運営を軌道に乗せなくてないけないと思っていますし、儲からないとだめだと思っています。それは、顧問先の経営者の気持ちを理解する条件だと思います。

経営者の気持ちを理解するには、同じ位置に立って景色を見ること

東京税理士会のイメージキャラクターがホラン千秋さんだった時、「税理士は、あなたの頼れるパートナー。」というキャッチコピーでした。

あなたの頼れるパートナーになるためには、自分も経営者として成功しなくては、顧問先の経営者と同じ景色を見ることはできません。

同じ景色を見ないと、時期や判断など的確にアドバイスができないので、頼れる相談相手になるためには税理士も儲からないとだめなんです。

Follow me!